エステに通っても意味がない?痩身やフェイシャルエステで効果が出ない理由を解説

ボディラインやお肌の悩みを解消し、なりたい自分へと変身させてくれるエステサロン。

プロによる本格ケアで理想の身体(お肌)を手に入れたいと願う方が多い一方で、「エステは意味がない」と考える方は多いです。

結論から言いますと、知識と経験が豊富なサロンに継続して通えばきちんとした効果を実感できます。ご自身の頑張りも必要ですが、エステとセルフケアを両立できればきっと満足のいく結果が得られるでしょう。

この記事では、エステの効果を最大限に引き出す方法をわかりやすく解説していきます。身体やお肌が変化するまでに必要な回数もご説明するので、エステで自分磨きをしたい方はぜひ参考にしてください。

エステは効果がない?

エステは意味がないと考える方は、おそらく「実際に通ったが効果はなかった」という経験をもとにお話されていることと思います。

エステ通いをした結果、思うような変化がなければ意味がないと感じるのは当然のことです。ただ、ほんの数回通うだけで体重を大幅に減らしたり、肌トラブルを完全に解消することはできないのも事実です。

たとえば、エステで−5kgを達成するには週2〜3回、最低でも3ヶ月は必要となるでしょう。食事制限や運動も取り入れれば1ヶ月で達成できる可能性もありますが、短期間での減量は「美しい痩せ方」とは言えません。

エステで効果を実感するためには、まず目標に対して必要回数のトリートメントを受けることが大切です。また、お客様ご自身で意識を高く持ち、セルフケアに力を入れることが目標達成の一番の近道となります。

エステで効果が出ない人の特徴

エステで効果が出ないと感じる方には、次の共通した特徴があります。

  1. 集中的なケアができていない
  2. セルフケアを怠っている
  3. エステティシャンの知識や技術が乏しい
  4. 効果が出にくいタイミングで施術を受けている

ここからはそれぞれの特徴をより詳しく解説していきます。

特徴①集中的なケアができていない

エステに通いはじめてすぐの頃は、体質(肌質)改善のために集中的なトリートメントが必要です。

いまの身体は、長年の生活習慣の積み重ねによってつくられたものです。そう考えると、たった1回で劇的に痩せたり効果を何年も持続させるのは物理的に難しいことがわかります。

エステで結果を出すには、通いはじめのペースが非常に重要です。最初から数ヶ月に1回ほどのペースでは、その場しのぎのケアにしかならないことをご理解ください。

特徴②セルフケアを怠っている

エステは効果がないと考える方の中には、結果はエステ任せでセルフケアを怠っている方が多いです。

痩身エステの場合、いくら頑張って通っても乱れた食生活を送っていては期待するような効果は得られません。フェイシャルも同様で、夜更かしやメイクを落とさずに寝るのは美肌の天敵となりうる行為なのでご注意ください。

特徴③エステティシャンの知識や技術が乏しい

エステティシャンには、ヒトの身体の構造や取り扱うマシンの仕組みなど、実に多くの知識が求められます。

しかしながら、スタッフに十分な教育をしないまま施術を担当させてしまうサロンがあるのも事実です。

加えて、ひと口にエステと言っても、トリートメント方法や導入しているマシンはサロンによってさまざまです。誰でもすぐに使いこなせるものではないので、エステティシャンの経験値によって効果に差が出ることは十分にあり得るでしょう。

特徴④効果が出にくいタイミングで施術を受けている

女性の身体は、生理周期によってホルモンバランスが大きく変化します。

生理前にお肌の調子が悪くなったり、体重が増えてしまうのはホルモンの影響によるものです。このほか、体調不良や季節の変わり目などもエステの効果を感じにくくなることがあります。

エステは何回通えば効果が出る?

エステの効果を実感できるまでに必要な回数は、身体やお肌の状態、年齢などによって大きく異なります

たとえば、基礎代謝の高い20代女性が3kg痩せるのと、運動不足の50代女性が5kg痩せるのとでは、前者の方が回数は少なく済むでしょう。

エステの回数については、身体の状態を見たり生活習慣をヒアリングしなければ試算するのは少々難しいです。また、少ない回数で痩せようとすると、その分セルフケアを頑張っていただくことになります。

ご予算や期日の問題もあるので、カウンセリングの際はご希望を遠慮なくお知らせください。その上で、目標を達成するためのプランをご提案させていただきます。

エステの効果を最大限引き出す方法

少ない回数で、かつエステの効果を最大限に引き出す方法には以下のものがあります。

  1. 体験エステを受ける
  2. セルフケアも行う
  3. 継続する
  4. 生理前は避ける

ここからはそれぞれの方法をより詳しく解説していきます。

方法①体験エステを受ける

時間とお金をかけて通う場所だからこそ、施術内容や使用するマシン、サロンの雰囲気は必ず確認しましょう。

大半のエステサロンは初回限定のお試しコースを用意しています。料金や口コミなどをチェックしつつ、身体やお肌がどのように変化するかのは実際に施術を受けるのがおすすめです。

方法②セルフケアも行う

エステの効果を高めるには、日頃から美容に対する意識を高く持ち、セルフケアを徹底することが大切です。

痩身やセルライトケアのためにはストレッチやリンパマッサージを、美肌目的なら保湿強化や栄養バランスのいい食事など、できることからはじめてみるのがいいでしょう。

方法③継続する

エステに通う期間が長ければ長いほど、トリートメントの効果は持続しやすいです。

最初は週2〜3回で通い、身体やお肌が変化してきたら徐々にペースを落とします。目標を達成できれば、その後はメンテナンスのために月1回通うだけで持続性が高まります。

仮にエステを継続できなくても、セルフケアをしっかり行えば効果を長持ちさせることも可能です。

エステサロンは正しい美容知識を学ぶ場でもあるので、通っている間に得た情報は積極的に実践していきましょう。

方法④生理前は避ける

ホルモンバランスが乱れやすい生理前は、エステの効果が出にくいと言われています。

お肌の抵抗力が弱まる時期なので、いつもと同じトリートメントでも刺激を感じてしまう方がいます。痩身エステの場合、ヒートマットによる大量の発汗で体調不良を招く恐れもあるでしょう。

同じ1回を消費するなら、効果の出にくい生理前は外すのが賢明です。PMSがつらい方は体調と相談しながら、ご自身にとってベストなタイミングで予約をしましょう。

まとめ

エステサロンは、自己流のお手入れではどうにもならないお悩みを解消してくれる場所です。

「意味がない」「通っても無駄」と感じる方もいますが、エステで理想のボディやお肌を手に入れた方は大勢います。なりたい自分を叶えるには、知識と技術力があり美意識を高めてくれるサロンを探しましょう。

その上でエステとホームケアを両立し、有意義で満足のできる自分磨きを行なってくださいね。

関連記事

PAGE TOP